• HOME
  • 院長のご紹介
  • 医院案内
  • 初診の方へ
  • 診療案内
  • アフターケア
  • 交通のご案内

アフターケア

感染症に関する出席停止期間の目安

■インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)及び新型インフルエンザを除く)
発症した後5日、かつ解熱した後2日を経過するまで。
ただし幼児(幼稚園児)においては、発症した後5日、かつ解熱した後3日を経過するまで。

■百日咳
特有の咳が消失するまで、または5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。

■麻しん(はしか)
解熱した後3日を経過するまで。

■風しん
発しんが消失するまで。

■流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺または舌下腺の腺張が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで。

■水疱(みずぼうそう)
すべての発しんが痂皮化するまで。

■咽頭結膜熱(プール熱)
主要症状が消退した後2日を経過するまで。

■結核
症状により学校医その他の医師において感染の恐れがないと認めるまで。

■髄膜炎菌性髄膜炎
症状により学校医その他の医師において感染の恐れがないと認めるまで。

※その他の感染症については医師にご相談下さい。